絹の道物語

養蚕から製糸まで
 養蚕は生き物を飼うこと、そして貴重な現金収入をもたらしてくれるものとして、農家では非常に大切にされてきた。「おこさま」とか「おかいこさま」と呼ばれたりして大事に育てていた。養蚕から製糸にするために、繭を結ばせそれを解きほぐす、この過程は現在見られるさまざまな人工飼育の中で、もっとも人の手を経るものである。

←上図は【座繰り(ざぐり)】・中図は【笊(ザル)】・下図は【掃き立てほうき】      である。

 日本ではこの手間のかかる作業の大半の部分を女性が受け持っていました。それは指先の器用さと単純な作業に対して長時間耐え得る忍耐と粘り強さを持ち合わせていたからです。
 .写真は当時使用された道具の一部でありますが、繭から採る絹の生産がいかに細やかな大変な作業であるかが窺えます。

日本の養蚕と製糸
 蚕を飼育し、繭を結ばせて糸を採る方法は、古代に日本に伝わり、本格的な養蚕は江戸時代に始まりました。長い鎖国政策の中で、日本人が独自に改良していった養蚕と製糸の技術は、開国をむかえた時、諸外国の製品にも劣らない水準に達していた。
 また、鎖国であったために製糸の生産価格が諸外国よりもきわめて低廉価格で取引ができる特徴ともされていた。

幕末期の商業活動
 19世紀に入ると、江戸を中心とする商業活動は、各地の宿場町を通じて、その周辺の村をまきこんでいくことになる。   農業のみでは生活が苦しく、現金が手に入る仕事を求めて、人々は農間余業に精を出すようになった。
 八王子宿の市に近かった鑓水では、現金を求めるための商業活動が盛んに行われ、やがて糸商人といわれる素地がつくられ携わる人々が増えていった。

開国と鑓水商人
 開国によって、日本は欧米諸国と貿易を始めた。外国からは、毛織物・綿織物などが輸入され、日本からは、生糸・銅・茶などが主要な輸出商品となった。このうち、生糸は輸出品の花形といわれるほど、毎年伸び続けていった。養蚕地帯を控えた長野・群馬・埼玉や東京西部などから、生糸はいっせいに横浜に集荷された。鑓水商人は、この生糸の流通の仲買に活躍した糸商人だったわけです。
←これは絹の道の面影

生糸貿易
 激動の明治維新を経て、ようやく国家の体制が整ってきた日本も、欧米諸国との国力の差は歴然としていた。明治政府は、強力に富国殖産政策を推し進め、列強諸国の仲間入りをはかっていく。その手段の一つとして、生糸を輸出し、外貨を得ようとした。品質がよく、大量に生産できる機械製糸への転換がはかられ、やがて大製糸工場へと発展していった。それは大資本を持つ者が成功し、零細な家内製糸は次々に衰退していくことを意味した。そして、鑓水商人も活躍の場を失うことになっていった。

小泉屋敷

 江戸時代の末期に建てられた住家であり、多摩地域の典型的な萱葺き農家の造形美を残しています。
 現在は東京都の有形民族文化財に指定され保存しています。
浜街道について

 ペリーが率いる黒船4隻が初めて来航(嘉永6年〔1853年〕6月)、その翌年(安政元年〔1854年〕1月)に再来し横浜で結ばれた日米和親条約によって横浜に新しい港が築かれ、それまでは小さな漁村にすぎなかった横浜が、開国の時代を迎え新しい日本の、世界に向かって開かれた港の一つとなりました。

 日本との貿易を待ち望んでいた外国の商人たちは、こうして開かれた横浜の港を目指していっせいにやってきました。日本の商人たちもまた、江戸や関東地方、そのまわりの広い地域から、外国との新しい貿易に乗り出そうと集まってきました。こうして横浜での生糸貿易が始まりました。

 しかし貿易を始めるといっても、最初は、日本の商人も外国の商人も、お互いに必要とする品物が何なのか、何を売り何を買ったらよいのか、なかなか解りませんでした。干し大根が外国人の好物だという噂を信じて、大量に買い集めて横浜に運び、当てが外れた商人もあったといわれています。

 しかし、外国の商人たちが買いたいと望んでいる品物の一つが生糸であることが、間もなく日本の商人にも解りました。生糸は、木綿・羊毛とともに、人々の暮らしに必要な三大繊維といわれています。

 その中でも、もっともはだざわりがやさしく、美しい光沢があって、人々に愛されてきたものが生糸です。化学繊維が発達している現在でも、身につける大事なものとしては生糸の製品、つまり絹製品です。まして、まだ化学繊維などのなかった当時の時代は、日本でも、また、ヨーロッパの人々にとっても、絹製品そしてその素材である生糸は、なおいっそう貴重なものでした。

 そのころ、外国商人たちの母国であるヨーロッパでは、フランスやイタリヤなどを中心として、生糸を紡ぎ出す蚕に病気が流行していたそうです。そのため、生糸の生産が大きく落ち込んでいましたから、日本で質の良い生糸が生産されていることが解ると、外国の商人たちは日本の生糸に対する期待感は、いっぺんに高まってしまいました。

 日本での生糸の生産は、昔から全国各地で行われていましたが、開国の頃は、関東地方の上州(いまの群馬県)・武蔵(いまの埼玉県・東京都、そして神奈川県の一部)から、中部地方の甲州(いまの山梨県)・信州(いまの長野県)、さらに東北地方の南部(いまの福島県)にかけての地域をおもな生産地として発展していました。これらの広い地域を東山養蚕地帯(トウサンヨウサンチタイ)と呼ばれていました。

 この呼び名のうち、養蚕とは、生糸を生産するために蚕を飼うことです。また東山という呼び名は、昔、日本列島の京都から江戸にかけての海沿いの地域を東海道と呼んだのに対して、京都から東側の山々の多い内陸の地域を東山道と呼んだことから、この名がつかわれました。ちょうどこの開国の頃に養蚕が盛んだった地域が、昔の東山道の地域にかさなっていたのです。

 横浜は、生糸の生産地が東山養蚕地帯として背後に広く控えていたという好条件によって、日本の輸出品の花形となった生糸の輸出港として、いっぺんに大きな役割を果たすこととなり、同じ時に開港した三つの港(横浜、長崎、函館)の中でも、横浜はもっとも賑やかな貿易港として栄えていくことになりました。

 横浜の港で外国商人たちが日本の生糸を争って買い集めていることを知った日本の商人たちは、それまでは日本の国内だけで取引されていた生糸を、国内の値段よりも高く売ることの出来る横浜へ運び込むようになりました。こうして、外国商人たちが熱心に求めていた日本の生糸は、横浜の港を経て大量に輸出され、ヨーロッパへ、アメリカへと、運ばれて行くようになります。

 これらの日本の生糸は、その生産が盛んだった東山養蚕地帯の各地から、日本の商人たちによって買い集められて横浜へと運ばれました。この生糸が運ばれた道には、さまざまな道筋がありました。そのなかで、もっとも重要な道が、八王子と横浜を結ぶ「浜街道=絹の道」だったのです。

 当時はまだ鉄道も自動車もなかったので、生糸はもっぱら人々の肩に背負われるか荷車に積まれるかして、運ばれました。また、大きな川の水運を利用して船で江戸湾(いまの東京湾)に出て、横浜から積み出される生糸もありました。それらの横浜へ向かういろいろの道筋のうち、もっとも盛んに利用されたのが「浜街道」だったのです。

 八王子の場所は日本の中でもっとも生糸の生産が盛んだったこの東山養蚕地帯の、ちょうど南の先っぽに位置にあたっています。(地図を広げ東山養蚕地帯、八王子の場所を見て確認してください。)そうすると東山養蚕地帯の中でも、いちばん横浜に近い場所だということが解るでしょう。

 八王子では、もともと、江戸時代から生糸の取引きが盛んに行われ、生糸を取り扱う多くの商人たちが活躍してました。そこへ新しい時代がやってきて、横浜が開港場となり、生糸の輸出が盛んになったのです。八王子を中心として活躍してきた生糸商人たちが、この新しい港を舞台として活躍する条件は、十分に準備が出来ていたといってよいでしょう。