キャンパスライフ

地域に開かれた学園都市
 市内には、短大と国立高専含めて、緑溢れるところに20もの大学があります。さらに、平成3年4月には、東京都立大学の移転などもあり、これらの大学に10万人を超える学生が通学しており、八王子は全国にも例を見ない学園都市となっています。
 こうした大学の多くは市街地周辺の丘陵部にあり、学生達は、広いキヤンパスと豊かな自然環境のなかで学園生活を楽しみながら過ごしています。

 大学が持つ高度な教育・研究機能や学生の行動力を地域社会のなかで有効に活かしてゆくことが、地域に開かれた学園都市づくりであります。こうした施策を検討する機関として、昭和52年に市と大学、市民団体などで八王子学園都市協議会を設置し、昭和53年には、実際に事業を実施する機関として学園都市推進会議が発足した。

 それぞれの大学では、市民を対象に「公開講座」などが企画されているほか、資料館や図書館、スポーツ施設などを開放しています。さらに、大学が持つ英知人材情報を市民や企業が気軽に活用できるうに設置されたのが「八王子学識センター」です。市民団体やグループが開催する講演会や研修会の講師、企業の技術開発の共同研究者、企業経営のアドバイザーなど様々に活用されています。

学生たちの住みよい街に
 入学後、新入生にガイドブック「シティインデックス八王子」を配布して、第2のふるさと・八王子を紹介している。 また、経済面でも応援しようと、市内の団体や企業などからの支援などで、奨学金を贈っています。
 昭和63年4月からは、全国で初めて学生のための「学生共済保険」制度か゛スタートしています。
 この制度は、医療費の給付などを行い、学生に経済的・精神的負担を軽くすることです。学園都市協議会に加盟する大学の学生と市内在住の学生ならば、誰でも会員になることができ、会員が病気やケガをした場合に医療費や見舞金を給付しています。

市民との交流
 また、学生の活動も活発で、秋の学園祭シーズンともなると、大学は多くの市民で賑わいます。 さらに、市内で行われる様々な催しにも積極的に参加する学生が年々増えています。 特に、毎年11月に甲州街道で行われる「イチョウ祭り」には、企画の段階から参加するなど、学生と市民との交流は深まっています。 なかには、老人ホームで「大学寄席」を定期的に開催したり、近くの小学校の校庭で「わんぱく広場」を催したりと、サークル単位で地域に溶け込んでいる学生もいます。