八王子まつり・イチョウ祭り

佐渡ケ島の方達の民謡・佐渡おけさの踊り

八王子の夏まつりは
8月の第1日曜日を最終日とする3日前から行われ、盛り沢山な催しは八王子の真夏の風物詩です。その祭りを見物する歩道は市内外の人達が大勢集まり埋め尽しています。

          第1日目は、子どもの集い
        ・ミス八王子のコンテスト。
第2日目は、各種のパレード
       ・宵のうち富士森公園で
         "火のまつり"花火大会。
第3日目は、最終日を飾る関東太鼓、            山車みこし。

「八王子まつり」は、昭和36年に市民祭として始まってから、平成13年は第41回目が行われており、毎年いろいろの工夫がされ盛り上げが図られています。

イチョウ祭り(甲州街道)

 市民手づくりのおまつりの「イチョウ祭り」は、甲州街道のイチョウ並木を大舞台にして、11月下旬2日間にわたり行われます。
 これは市民や学生がいろいろ工夫されたお祭り(例として、パレード、学生・子どもひろば、みんなの和太鼓、ふるさとバザールなど)で、黄金色に染まったイチョウ並木の甲州街道は、秋の日をいっぱい浴びて、多くの市民が訪れて集い賑やかになります。平成13年は第22回目が行われました。